差別化成功のために強い競合他社に情報を流さない

経営規模が小さな会社は、強い競合他社に対してどれだけ差別化したか、差別化の成功度合いで業績が決まってきます。

なので、差別化が効果的に働くように、強い競合他社に自社の情報を流さないように気を付ける必要があります。

新商品を開発した時でも、強い競合他社に気づかれない方法や地域で行うことが必要です。

新聞広告やテレビCMなどのように、多くの人の目につく広告展開をすると、強い競合他社の目にすぐにとまります。

すると、競合他社はあなたの差別化が有効にならないような手を打ってくる可能性が出てきます。

なので、自社の動きをなるべく知られないような作戦を考える必要があります。

そして、こっそりとシェアを上げていくのです。

強い会社(大手)の商品戦略に続く »

  
  
  
このサイトをはてなブックマークに追加
  

炭酸泉 炭酸泉の温泉で血管を拡張