1位になりやすいものから各個撃破主義で攻める

限りある経営力で多くの目標を追ってしまうと、経営力が分散してどれもダメになる可能性が高くなります。

もし、あなたの会社が1位がひとつもない会社なら、まずは何らかの部門で1位を目指すべきです。

1位を目指す場合、1位になりやすいものに目標を定め、その目標だけに全力を注ぎます。

1つの商品やある地域、ある顧客層で1位になったら、その方法を生かしながら、次に1位になりやすいもので第2、第3の1位を作っていきます。

こうやって、いくつも1位を積み重ねていき、いずれ全体で1位になるという各個撃破主義で攻めていくのが経営力が弱い会社のとるべき戦略です。

目標を1つに絞り、それに集中し、各個撃破主義で攻めることがポイントです。

利益が出ている時こそ経営に革新をに続く »

  
  
  
このサイトをはてなブックマークに追加
  

銀河鉄道の夜(宮沢賢治) 一度は読みたい日本の名作文学

カードローン